更年期でも妊娠するの?知っておくべき2つのこと

最近は晩婚も進んで高齢出産も増えています。35歳で出産する事も珍しくない世の中です。40代でも出産する人もいます。

女性は高齢出産後に考えなくてはいけない更年期障害もあります。

出産は女性にとって大きなイベントです。大変な思いをして出産をしますが、出産後は赤ちゃんに栄養を取られてしまう為、体が元に戻るまでに時間がかかります。

高齢になるほどホルモンのバランスが大きく変化し体にも影響を及ぼします。なので高齢出産は気をつけなくてはいけません。しかし、更年期の時期でも妊娠はするのでしょうか?

更年期に入ると知っておきたい閉経の事

早い人で更年期障害は30代から始まる人もいます。遅い早いの違いもありますし、更年期の症状にも違いがあります。

日本人の女性では、平均で40代入ると生理の周期が不安定になります。閉経の平均年齢は50歳前後です。早期閉経の人は40歳未満です。

更年期に入ると卵巣の働きが衰え、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ります。

正常な生理の周期は25〜38日の周期ですが、40代は更年期に入ると月経周期が早くなります。

40代の後半では周期が長くなったりして閉経になるパターン人が多いです。もちろん、女性みんなが同じようなパターンではありません。

生理不順になったら、生理の様子を見、1年間生理が来なければ閉経となります。

更年期の生理不順時、妊娠する可能はあるの?

更年期では卵巣の機能が低下して生理不順が起こります。妊娠するしないとは断定はできません。

生理不順でも生理がきていたら、排卵をしている時もあり、していない時もあります。妊娠する確率は低下していますが妊娠しないと思うのは間違いです。

閉経しても1〜2年の間も妊娠する可能性もなくはないのです。一般的に更年期の妊娠はリスクがあると言われています。

もし、更年期で妊娠を望まないのなら避妊をしっかりとしましょう。

生理不順があっても卵巣の機能が若返る事が出来るの?

今の世の中の医学では不可能はないという所があります。しかし、45歳の女性でも出産している人もいますし、実際に私の知り合いにも43歳で今年出産する予定の人がいます。

更年期の閉経前後の女性の卵巣を若返らせることが出来る不妊治療専門クリニックもあります。

レーザで首の後ろに当てるとの受けの血流が増え脳下垂体の機能が上がり女性ホルモンのバランスが整えられます。レーザの治療がなぜ不妊治療になるのかというと血行が良くなるからです。

治療を半年ほど継続して卵子の質も良くなるのです。

生理不順であっても不妊治療専門クリニックのレーザ治療を受けて妊娠出来る事もありえるのです。

まとめ

更年期だから妊娠しにくい体になっている事は事実です。でも、更年期でも任品を希望している人もいるのです。

出産を希望する人は医師に相談しながら治療を進めましょう。リスクもあるという事を頭の隅に置いて行動しましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ