顔が火照る?更年期の「ホットフラッシュ」の原因と対処法

更年期症状でない人であれば運動をした時や強いストレスを受けた時、緊張した時などに顔や体がほてったり、汗をかくといった症状を覚えることはあります。

一方で更年期症状の人はこれらの思い当たる点がない時にほてりや発汗といった症状を覚えることがあります。

これらの症状を合わせて「ホットフラッシュ」と言います。ではホットフラッシュとはどのような原因でおこるのでしょうか?

ホットフラッシュとは

「ホットフラッシュ」とは更年期症状の一つで、運動をしたわけでも緊張したわけでもないのに、真冬でも顔や体などの上半身がほてったり、どっと汗をかいてしまう症状を言います。

特に上半身に症状が出るのが特徴で、ホットフラッシュが起こっても下半身は冷えているという人もいるようです。

体の場合は着替えが必要になるぐらい「びっしょり」と汗をかいてしまったり、慣れた人と話している時に急に顔に汗をドッとかくと相手にも心配をかけてしまうことがあるため、早めに対策をしておきたいです。

ホットフラッシュの原因とは

ホットフラッシュが起こる原因についてはやはり他の更年期症状が起こる原因と同じです。女性は年齢を重ねて女性ホルモンの分泌量が減ることにより、自律神経の働きが乱れることはよく知られています。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2種類からなり、交感神経は身体を興奮状態にする役割が、副交感神経には体をリラックスさせる作用があるため、交感神経が優位になることでホットフラッシュが起こることが考えられています。

ストレスがかかることも自律神経の働きを乱す原因となるため、毎日10分だけでも自分のための時間を作ってストレスを溜め込まないことが重要です。

ホットフラッシュが起きた場合の対処法

ホットフラッシュが起こった時にはまず、可能であれば横になるなどして興奮状態を落ち着かせることが重要です。

ホットフラッシュだけに限らず、必要であれば病院で女性ホルモンを補充する治療を受けることで症状の改善が期待できます。

そして冬でも常に温度調節がしやすい格好をすること、もし症状が出てしまったら首には太い血管があり、そこを通っている血液が温かいと顔にも汗をかきやすいため、首の後ろを濡れたタオルなどで冷やすことで顔の汗を抑える効果が期待できます。

また「運動すればもっと汗をかきやすくなる」という考えから運動不足が溜まっている人もいるかもしれませんが、運動をして全身から汗をかく習慣をつければ上半身だけ汗をドッとかくという症状を軽減させることができるでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ