更年期の鬱はどうする?鬱になる原因と対策

最近、よく聞く言葉の鬱。

鬱になっていても、本人は気が付かず、やっと家族が気が付いて病院へ連れていく事もあります。

家族が気がついてくれればラッキーですが、気が付かなければ鬱の状態が悪化する事もあります。鬱の中には更年期からくる鬱があるのです。

なぜ、更年期からくる鬱

女性なら誰しもがかかる更年期。

更年期とは、生理の閉経前の前後で平均では45歳から55歳になります。

もちろん個人差もあり、最近は若い人の更年期もあります。

更年期の症状としては様々な症状がありますが、鬱の症状があります。

ホルモンのバランスの乱れで身体だけでなく精神面にも不調を起こすこともあります。

45歳から55歳という年齢の時に子供が巣立ち、取り残されたという空虚な気分になったり
無力感、不安などから襲われ鬱と判断されることもあります。

その他では、長期の間、単身赴任をしていた夫が仕事を退職して自宅にいるようになった、高齢の親の介護をしないといけなくなった等の大きな生活環境が変わる為、鬱になりやすいのです。

理由はなく涙が出てきたり、気持ちが落ち込む、外に出るのが億劫だという様な症状が一般的です。

更年期の鬱になりやすいタイプは、責任感が強く、几帳面である人ほどなりやすい傾向があります。

更年期からくる鬱だと判断されたら

鬱の診断基準は、毎日が憂鬱、無気力、怠惰感、食欲がない、自分を責めている、

不眠、集中力がない、死にたいと思う、イライラする等の症状があれば鬱だと診断されます。

鬱の治療では、精神面を和らげる心理療法、薬物療法もあるのですが、更年期の鬱患者にとっての一番は家族です。

鬱になると逆に「頑張れ!」という励ますような言葉は言ってはいけないと言います。

そうです。更年期の鬱でも言ってはいけません。

話を聞いてあげる。見守ってあげるこ事が大切です。

又、本人が鬱だと気が付いていない場合は、家族がいち早く気が付いて一緒に病院へ付き添ってあげる事も必要です。

更年期とうまく付き合う方法

更年期を楽しく乗りきるには、生活改善、食事改善が必要です。サプリメントなどを活用するものオススメです。

そして、有酸素運動を生活のスタイルの中に取り入れましょう。

ウォーキング、ジョギング、水泳等の有酸素運動をする事で更年期障害の症状が良くなります。
なぜなら、有酸素運動は自律神経の乱れを整え、

更年期障害の予防も効果があるからです。

毎朝、日光も浴びましょう。日光も自律神経の乱れを整えてくれます。

更年期の鬱と上手に付き合う為にも、有酸素運動を積極的に行いましょう。

家族と一緒に散歩すると事で更に絆も深くなるでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ